概要・沿革

概要

韮崎大村美術館は、韮崎市出身の大村智博士が長年に渡って収集してきたコレクションをもとに2007年に開館しました。大村博士は、「優れた美術品は個人で楽しむものでなく、人類全ての共有財産である」との思いから建設に至り、翌2008年、故郷のさらなる芸術・文化振興のために活用されることを目的として韮崎市に寄贈されました。コレクションは、日本近代以降に活躍した女性作家による作品、日本近代の洋画家・鈴木信太郎作品、日本の民藝運動を伝える陶磁器作品を軸に据え、さまざまな角度から捉えた企画展、また各種イベントを開催し、広く皆様に親しんで頂ける美術館として活動の充実に努めております。

沿革
2007年10月27日 大村智氏の私設美術館として開館
2008年10月1日 韮崎市立韮崎大村美術館として管理運営を開始
女子美術大学との美術品等の協力協定締結
2011年9月3日 韮崎市民交流センター内にサテライトスペース(無料)を開設
2013年6月30日 開館5周年を記念し、館長胸像除幕式を実施
2014年10月4日 市制施行60周年記念・森田元子展オープニングセレモニーを開催
11月7日 女子美術大学との連携協働に関する協定を締結
2015年10月6日 大村智館長のノーベル賞受賞を記念し、特別観覧期間として8日間の無料開放を実施
2016年4月2日 入館者10万人記念セレモニーを開催
建物概要 ※2017年3月現在
構造 鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造 2階建
敷地面積 2,626,89㎡
建築面積 442.12㎡
延床面積1階 376.07㎡
2階 133.44㎡
509.51㎡
1階展示室1・2 172.00㎡
2階展示室3 36.40㎡
展望室 57.77㎡
収蔵庫 59.50㎡

美術館及び周辺マップ

韮崎大村美術館

韮崎大村美術館前バス停

そば処上小路

武田乃郷-白山温泉


ロゴマーク